相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

アセットアロケーション

アセットアロケーション

投資信託第2回。何にどれだけ投資するのかを決めますよ。

アセットアロケーションとは?

冒頭にも書いたけど、「何に」「どれだけ」投資をするかの配分。それがアセットアロケーション。

投資信託は中期間、長期間行う投資。そこで大切になるのがこの投資配分。

どんな銘柄を買うかとか、どのタイミングで売るかとか、そういうのは中、長期投資では優先度は低い。

大枠になるアセットアロケーションを考え、決定する方がよほど大事。投資成果の8割を決定するとも言われているよ。

旅をするには、まず目的地を決めないとね。

アセットアロケーションを決めるのは、投資の目的地を決めるようなもの。

アセットアロケーションを決めるには、資産の種類を知らないといけない。

わたしのインデックスというサイトから引用させてもらった表を見てほしい。

これが資産の種類=何に投資するかの種類。

株式はみんなも聞いたことあると思うけど、その中には日本株式、外国株式って内訳がある。

外国株式は、さらに先進国株式、新興国株式ってのに細分される。

債権も不動産も同じ。日本と外国があり、外国は先進国と新興国に分類される。

これらの資産の中から、「何に」「どれだけ」資金を配分するかを決めよう。

決め方は、はっきり言って好きにしてくれ。

人によって投資の資金も目標額も好みも違うから。

旅の目的地は、自分で決めた方が満足度が高いだろ?

とはいえ、ある程度の指針は必要だよね。

これからその説明をするけど、大前提は自分で決めるってこと。

はい。またまたわたしのインデックスから引用。ありがたや。

これを見ると、日本株式ヤベーって思うかもしれない。ハイリスクローリターンで孤立してるように見える。

じゃあ日本株式買っちゃダメなのか?

この表は過去20年の結果を示してるんだよね。これから未来どうなるかって指針にはなってない。

だから、この表はあくまで参考。過去20年の傾向を見るだけ。

これから日本株式が上がるか下がるか誰にも分からない。

ただ、なんの指針もないとアセットアロケーション決められないからね。まずはこの表でそれぞれどんな傾向なのか見る。

興味があれば、わたしのインデックスの他のコンテンツも一通り読んでみるといい。俺の説明より丁寧だよ。

俺も最初に投資始めるとき、わたしのインデックスを読んでアセットアロケーションを組んだ。

はい。次はこれ。myINDEX 資産配分ツール

無料だから新規登録してみて。すごく便利。

というか、これがないとアセットアロケーション決められない。

これが入力画面のサンプル。

エマージングってのは新興国って意味だよ。自分がどの資産にどれだけの投資をしていくか、ここに入力する。

そうすると、過去20年のデータを元に、平均リターン、リスク、シャープレシオを計算してくれる。

シャープレシオってなに? ググれ。自分で調べろ。投資は勉強しない成功しないよ。

「みんなのポートフォリオ」ってところで、他人の作った配分と自分のを比較してみるといい。

ここで作ったポートフォリオをベースにして、次回はファンドを選んでいくよ。

いつの間にかアセットアロケーションがポートフォリオに変わってるね。

両者の違いは自分で調べてくれ

すまん。正直、丁寧に書く時間がない。

フェルマーの気持ちが分かった。「俺が気がついた驚くべき証明を書くには余白(時間)が足りない」

酷いよなフェルマーの最終定理。証明したけど余白がないの一言で、どれだけの数学者を悶絶させたことか。

でもまあ、そのおかげで数学は発達したのかもしれない。

ああ、分散投資についても書きたかった。次回に書こうと思う。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top