相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

投資信託とは? 基礎とルールと口座の開設

投資信託とは? 基礎とルールと口座の開設

投資信託編 第一回。千里の道の第一歩。

投資信託とは?

信じて託す投資と書く。

株や債券などを売買する投資なのだが、自分でどの銘柄を買うのか、いつ売るのかを考える必要は一切ない。

買うのはファンドと呼ばれるパッケージ。

ファンドマネージャーという専門家が、うちはこういう方針で資金を運用しますとパッケージを提供する。

我々は、過去の実績や期待値などを比較検討し、どのファンドに資金を提供するか決める。

専門家は集めた資金を運用して、利益を投資家に分配。その報酬として手数料を得る。

これが投資信託の仕組みだ。

投資信託のメリット。

  • 消費浪費にしか使っていなかった支出が資産に変わる
  • 時間と労力を消費しない
  • 少額の資金で始められる
  • 資金配分や分散投資が容易
  • 長期間安定して運用できる
  • 複利運用できる
  • レバレッジが効かない

投資信託のデメリット。

  • 他の投資と比べてリターンが小さい
  • 元本割れの可能性がある
  • レバレッジが効かない(メリットでもデメリットでもある。レバレッジは有効に使えば効果的だが、初心者だとレバレッジが効かない方が安全と言える)

投資信託はやるべき。

デメリットは工夫次第で最小限にできる。メリットが計り知れない。俺のように少ないタネ銭から資産形成を目指す人は、投資信託のメリットがぴったりとハマる。

専門家にお任せで時間も手間もかからないから、本業の仕事に専念できる。

本業の収入を投資信託の財源にあてれば、資金が尽きることはない。

100円からファンドに出資できるので、普通なら何万円もする大企業の株の運用益に与ることができる。

少額で参加できるということは、資金をいくつものファンドに分散することができるということ。

分散投資の大切さはFX編でも書いたけど、ひとつふたつのファンドに頼ると、それらが損失を出したときのダメージが大きい。

投資するファンドの数を増やすことで、どれかが落ち込んでも他でカバーできる。世界の経済が成長することに賭けているわけで、長期に渡り毎月買い続ける効果でリスクを分散できる(安い時も高い時も買い続ける)。

投資信託は長期間に渡って運用する投資。20年も運用すればリスクは収束する。複利効果も時間とともに加速度的に増していく(複利については後の回で詳しく説明するよ)。

今お金がなくて、老後の生活に不安を感じている人。そんな人にぴったりなのが投資信託(積立型)と言える。

積立投資信託を始める、続けるには。

  1. 毎月ずっと続けられる積立額を決める。
  2. 何年積立をするか決める。
  3. SBI証券の口座を作り、一回目の積立額を入金する。
  4. SBI証券のサイトからファンドを選定し、毎月の買い付け設定をする。
  5. 以後、毎月給料が入るたびに決めた額を入金。
  6. 年に一回、リバランスをする。

1~6まであって大変そうだが、一度始めてしまえば5と6の繰り返しだけでいい。

月に一回の入金。年に一回のリバランスの調整。相場なんか見なくていい。

決めたルールを守る=投資の成功

FXは誘惑が多くて大変だが、投資信託の成果は淡々としている。いつの間にか増えてるという印象。

投資信託で守るべきルールはシンプル。上記にも書いた、月一回の入金、年一回のリバランス。これだけ守ればいい。簡単でしょ? 誰にでもできる。

投資信託は長く続ける投資だから、ルールを簡単にして、ずっと継続できるようにする。

口座を作る。

もう上に書いたが、SBI証券の一択でいい。

選択できるファンド数が一位で手数料も安い。他を選ぶ理由がない。

SBI証券(ネクシィーズ・トレード)

このリンクから口座を作ってくれれば、俺に紹介料が入るので頼む。

俺もSBI証券で投資信託してる。この後ファンドの選定をするのに、スクリーンショットを多用するから、同じ画面構成の方が理解しやすいはず。

口座開設の申し込みしてから、ID、パスワードの郵送や入金手続きに一週間くらいはかかる。開設は無料だから、すぐに申し込んで最初の一歩を踏み出して欲しい。

千里の道も一歩から。

次回はファンドの選定を説明するよ。

 

よく分からないものに投資してはいけない。このサイトの記事を読んでも、足りないことだらけなのが真実。

このブログはあくまできっかけ。

分からないことがあれば、自分で調べて勉強して欲しい。

学んで理解して納得した投資をやろう。

成功するために。失敗しないために。後悔しないために。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top