相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

銀行の手数料が値上がり。時代の流れを掴むチャンス。

銀行の手数料が値上がり。時代の流れを掴むチャンス。

俺の地域の銀行で、振込手数料なんかが値上がりしてるんだよね

値上がり幅も大きく、従来の3倍、432円も値上がりするケースもある。

日本経済新聞の該当記事へ

外注先への振込や、給与振込で振込コストを工夫してない会社は大打撃だ。

どうして銀行の手数料が高くなるのか?

消費税増税していない時期に異例の値上げ。単純な話ではないのだろう。

まず考えられるのがマイナス金利政策の影響。それとネットバンキングの普及によるATM運営費用の顕在化。

これらは俺の想像でしかないけどね。

マイナス金利の影響と人口減で銀行も収入源が減り、存続のため、経営の最適化がより求められるようになっていると考える。

そしてATM(自動預け払い機)のはずなのに、使い方の分からない人の為に人間を配置している矛盾。

それと紙の預金通帳を発行するのは、実は大変なコストなのだそうだ。

通帳が不要で、各自のパソコン、スマホで決済できるネットバンクが普及した。そうなると、現物の通帳、ATMの設置運営費用がどれだけ無駄なものか見えてくる。

ゆうちょ銀行も、ゆうちょダイレクトプラスという、通帳不要のネットバンク専用口座へ移行しようとしている。

今後は地方銀行もネットバンキング専用口座の普及に移行していくのではと思う。

逆に言うとさ。ネットバンキング利用者に、ATM設置費用とか紙の通帳のコストを負担させられないよね?

コストの安いネットバンキング利用者と、コストのかかる通帳、ATM、銀行窓口利用者。それぞれの費用負担をきっちりと区別して、ネットバンキングへの移行を促す目的が、最近の銀行手数料の値上がりだと俺は考える。

実際、ネットバンキングの手数料は値上がりしてないしね。

全国的な流れになる。

この銀行の動きは、東北地方だけでなく、全国的に広がっている。

MSNの該当記事へ

原因が地方の事情によるものではなく、金融政策と人口の減少、世の中のシステムの変化に起因しているから。

手持ちの銀行口座がネットバンクでないと、ビジネスを断られるなんて時代が来るかもしれないね。

銀行の手数料増加がもたらす変化。

あらゆる企業で、現状の改善が必要。

数百円の変化だからと、何も手を打たない会社は確実に業績が悪化する。

特につらいのは下請け企業。元請けからの支払いが振込手数料を引かれることが多いからね。

いつもと変わらぬ仕事をしていても、確実に収益が減る。

そして消費税の増税が来る。

消費税ってのは、最終消費者が負担するシステムなんだけど、企業だって立派な最終消費者だからね。

経費が2%アップして、金融手数料も高くなったら大ダメージ。絶対に収支の見直しが必要。

具体的には、商品やサービスの値上げだよね。そうしないといいサービスが提供できなくなってジリ貧。

お金の流れは銀行から始まり、銀行に終わる。

次回書くんだけど、銀行の融資が条件厳しくなってきてる。

銀行から社会へ流れるお金が少なくなりつつあるってこと。

今回の手数料増加はそれと逆。社会にあるお金を銀行に集める効果がある。

マイナス金利政策で、銀行の体力が減っているから、それを回復しないといけない。

銀行側も十分な体力があってこそ、充実したサービスを提供できるからね。

銀行がジリ貧になったら大変だよ。日本の経済の根幹が揺らいでしまう。

銀行が潰れるなんて噂が流れたら、俺たち市民も安心して生活できない。

銀行に安心してお金を預けられない経済なんて、誰にとってもマイナスでしかない。

国民の銀行への安心感、信頼感こそが、日本経済が世界に信用されているベースなんだ。

ハイパーインフレになった国や、大恐慌で銀行への信頼がなくなった国を見てみなよ。

あらゆる企業が連鎖的に倒産する地獄絵図。

日本人の国民性。

余談になるけどさ。大地震などで、被災地の人々が落ち着いて行動し、インフラの復旧が早い日本を、外国人が賞賛することがあるよね。

あれって、銀行への信頼もあるんだよ。なにが起きても日本の銀行は安心だって意識が日本人にはある。だから暴動が起きない。だから企業が迅速に行動できる。

国民性ってなんだかわからないでしょ? その正体。実は経済への信頼感なんじゃないの?

手数料が上がる世界で波に乗れ。

銀行がその手数料を値上げするのは時代の必然ということ。

銀行はお金の流れ、経済の中心だから、世の中の変化に応じて収支を変動させなきゃいけない。

そうでないとみんなが安心できないから。

じゃあ、手数料値上がりを受け入れたとしてどうするか?

ピンチはチャンスという言葉がある。

コストが高くなる時代に、他よりも素早く、的確な対応をしたものが得をする。

企業だけじゃなく、一般消費者もだよ。

銀行窓口、ATM手数料が高くなるなら、ネットバンキングに切り替えればいいじゃない。

頼むからそうしてくれよって、銀行側からのメッセージなんだよ。

機械分からないと言ってる人は時代に取り残される。

新しいものに適応できない人は努力してない人。楽してる分、お金を使わなきゃいけないんだよ。

情報に敏感で、すぐに対策できる人の手元にお金が残る。

これって、普通に資本主義だよね。競争社会なんだよ日本って国は。

昔のジャンプにこんな言葉があった。「努力 友情 勝利」

今回の記事のどこに友情があったのか分からんが、努力すれば勝利するのは本当。よろしくメカドック。

追記:地銀の本命

今回の記事をアップした後にこんな報道を見つけた。これが地銀の本命なのだろう。

仮想通貨で使われているブロックチェーン技術を導入し、預金や振込管理をしていくということ。

窓口やATMなどのレガシー(継続、伝統的な古い技術、装置)を撤去したいのだろう。コスト面で。

これが実現すれば、銀行は金融データ維持管理のコストを大幅に削減でき、利用者の利便性も高くなる。

想像してるよりずっと早く、街角のATMはなくなるかもね。

あれだよ。携帯の普及で、街中にあった公衆電話が、あっという間に激減した感じにね。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top