相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

r>g 資本収益率>経済成長率

r>g 資本収益率>経済成長率

貯金だけじゃ貧乏になると前回書いた。投資をしろとも書いた。

事実なのだが、それだけじゃ納得しない人、行動しない人がほとんどだろう。

どうして? と じゃあどうすれば? を違う角度から書いてみる。

広がり続ける所得格差。

以前にも掲載したことのあるグラフを再掲。

現金(米ドル)、株式、債券、金の価値の変化を表している。

200年で株式は60万倍に、現金(米ドル)は0.07に価値が下がってる。

前回の記事はこのグラフひとつで表現できちゃうんだね。

貯金してても現金価値は減る。ならば現金ではなく株を買って持っていればいい。

株を買っている投資家はどんどん裕福に、投資をしない人は貯金だけでどんどん貧乏になっていく。

r>g

世界的ベストセラーになった経済書『21世紀の資本』でのキーワード。

r(リターン)>g(グロース)

資本収益率>経済成長率

簡単に言うと、投資の利益率の方が経済成長率を常に上回るという意味。

実際、この法則通りに世界経済は動いている。するとどうなるか?

労働者が頑張って働くことで、財やサービスが増えて、経済は成長していく。

でもその成長率より、投資家が投資をして得る利益率の方が大きい。

投資家はどんどん裕福になり、ただ労働するだけの人は永遠に追いつけない。所得格差が広がり続ける。

小難しい理論ではなく。

データを出されても、納得しない人もいるだろう。

なので、俺を見てくれ。

貧乏だったんだよ俺は。貯金すらしてなかったからね。

別に無駄遣いしてた訳ではないけど、気がついたらいつもその日暮らし。

月の給料を毎月使い切っていて、家賃や光熱費を滞納することもあった。

考えてなかった。危機感がなかった。そのうちなんとかなるだろうと、何も行動しなかった。

貧乏から抜け出せなかったんだよね。

漠然とした将来の不安が少しずつ大きくなって、それを払拭したくて転職。

本当にたまたまの幸運で、転職先で投資を学ぶ機会があった。

その時年収200万円でさ。脱出したかったんだよ貧乏から。

投資を始めて2年半。今年の年収は600万円になろうとしている。

分かるかな? 所得格差の船を乗り換えたんだよ俺は。

確実に貧乏へ向かう船から飛び出して、投資の航路に飛び込んでみた。

もうね、上に書いてたグラフや理論を証明する、みごとな手本なんだよ俺は。

机上の空論ではない実体験。

貧乏抜け出したいなら。

俺はさ、特別な才能があるわけじゃない。

親が裕福なわけでもない。

仕事も苦手な平均以下の人間でしかない。でも投資を始めた。それだけで大きく変わった。

俺はさ、希望に、勇気になりたいんだよね。貧乏な人たちの。

誰でもやれるんだってことを見せて、貧乏から脱出して欲しい。

そして行動してくれた人には幸せになって貰いたい。

俺が得た幸運をきっかけを、君たちにも掴んで欲しいと思ってる。

S&P500って投資信託を毎月積み立てで買うだけでいい。それを20年続ける。

 

貧乏にならないための投資なんてこれだけでいい。最初の一歩はここから。やり方は俺に聞け。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top