相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

終わらない循環~根元へと至る道~

根源的な話をしよう。俺はなぜ投資をするのか。君はなぜ投資をすべきなのか。

地球規模の話だ。富裕層と呼ばれる人間は全人類の何割か知ってるかな?

1割。10%です。

では、全人類のうち投資をしている人の割合は?

1割。10%です。

なんという明快な結論。つまり金持ちは投資をしているのだ。

逆に言えば、投資をすれば金持ちになれる。

投資をした人が金持ちになれなければ、上の割合が同じになるはずないもんね。

 

「投資したけど貧乏になったよ」そんな反論もあるかもしれない。

それは正しい。

「投資した」は過去形。いまは投資をしていないから金持ちになれない。

本当のお金持ち、富裕層とは、投資を【している】という現在進行形なのだ。

 

本当の投資とは、投資活動をやり続けること。

破産して投資を続けられなくなった人は、投資ではなくギャンブルをしていたのだ。

億単位のお金をFXなどで稼いで、最終的に破産したという話はネット上にいくらでもある。

本人は投資しているつもりだったのだろうが、巨額の利益に目が、心がくらんで、いつの間にか投機になっていたのだ。

 

真の富裕層は破産するような投資をしない。

持ち金の極一部を投資に回して、それが失敗したときに再度投資できる資金を確保しておく。

100%勝てる投資は存在しない。

もちろん勝率の高い方にかけるのだが、負ける可能性は常にある。

負けたときに再挑戦、再々挑戦、再々々挑戦、アンリミテッドブレイドワークス。無限の剣製ができるのが本当の投資。

 

たとえ話をしよう。

サイコロを1回振って、1が出たら勝ち。2~6が出たら負け。そんな勝負をするだろうか? 俺はやらない。

では1~5で勝ち。6なら負けという勝負なら? やってみる人は多いかもしれない。でも俺はやらない。これは投資ではなく投機、ギャンブルだからだ。

俺がやるならこうする。勝ちは1~3の50%でいいからサイコロを20個振らせてくれと。そして20個振っても全部4~6だった時に備えて、負けても再挑戦できるように、かけ金は全財産の20%。

勝つか負けるかに賭けるのが投機(ギャンブル)。

勝っても負けてもどっちでもいい。負けても終わらない、何度でも再挑戦して回数を重ねれば重ねるほど、確率が収束して自動的に勝ちに偏る。これが投資だ。

終わらない、本当の投資をしていれば必ず金持ちになる。だから投資をしている人と富裕層の割合がイコールになる。

別の機会に書くが、複利という言葉がある。投資で増える資金は時間と共に比例級数的に増えるという計算だ。

相場なんか見ないのは、勝ち負けはどうでもいいから。破産せずに何十年も投資をし続けることが投資の精髄。

値上がり値下がりを予測するのは投資ではなく投機。終わらない資金管理をするのが投資。

この原則、本質、真髄はこれから何度も書くし、意味を説明していく。理解できないと実行できないからだ。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top