相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

車の見積もりをプロに委ねて知った、価格逆転の魔法。

車の見積もりをプロに委ねて知った、価格逆転の魔法。

この世界に魔法は存在する。

それは運命の人との出逢いだったり、九死に一生を得るような奇跡だったり。

そして日産のディーラーにも魔法は存在する。

高い車の方が支払額が安くなる魔法。

一昨日、ノートの見積もりを日産の店長さんにお願いしたら、驚くべき結果になってね。

俺はノートのe-POWERという電動車がいいと思ってて、父の希望は雪道に強い4WD車。

e-POWERは2駆しかなくて、4駆だとガソリン車になるんだよね。

そして車両価格的にはe-POWERの方が高い。

店長さんには、e-POWERと4WDと両方の見積もりを頼んでみた。

見積もりを作ってもらう間にe-POWERを試乗。

新しい操作感覚と慣れた操作感覚が選べる。

e-POWERは、発電専用のエンジンと、駆動専用の電気モーターが搭載されている。

なので、家や充電スポットで充電する必要はない。

ガソリン車と同じ様に給油し、優秀な燃費で電気自動車ならではのドライビングが楽しめる。

モーター駆動の静かなでスムーズな、そして力強い発進。

高排気量のガソリン車に匹敵する瞬発力。交差点右折時にモタモタすることはない。

スーッと抵抗なく加速するので、前に車がいないとスピードを出し過ぎてしまうくらいに快適なアクセル。

e-POWERには3つの運転モードがある。ノーマル、S、eco。

従来のガソリンオートマ車に一番近いのがノーマルモード。電気駆動に慣れてないなら、このモードが一番違和感なく心地いい。

Sとecoは電気自動車特有の挙動を示す。アクセルを離しただけで、強いブレーキがかかる。

タイヤの自由回転を電力に変える仕組みがブレーキになっているからだ。

なので、ガソリンオートマ車と同じ感覚でアクセルを離すと、ブレーキがかかりすぎて不快に感じてしまう。

e-POWERでの減速は、ブレーキオフではなく、ブレーキペダルをじわじわ戻していくようにすると運転が面白くなる。

そしてブレーキペダルを使わなくてもいいのが楽。

ノーマルモードだと普通のオートマ車と同じ様にクリープが発生するので、アクセルオフでも前進する。

Sモード、ecoモードではアクセルオフにするとクリープがないので、車は止まる。ブレーキを踏む必要がない。

これに慣れると、信号待ちの停車が楽チン。

右足を、アクセルとブレーキに載せ替える回数が激減する。

ブレーキペダルを踏むのは、急減速が必要な時だけでいい。

ハンドリングもいい。直進性能、旋回性能も優秀。

俺の気のせいかもしれないが、ノーマルモードより、S、ecoモードの方が、ハンドリングがより安定する気がした。

試乗した印象は「面白い車」だなという一言で表現できる。

各モードの特徴がしっかりしているので、気分に応じてドライブフィールを切り替えられる。

日常はノートへの慣れ次第でノーマルかecoを使い分け。休日にドライブを楽しむなら加減速にメリハリの効いたS。

ワンペダル運転と独自のアクセルワークが予想以上に面白かった。

そして見積もりの魔法。

もう簡単にざっくりいく。

価格はオプション込みでe-POWERが約270万円。4WDが約230万円。

そして毎月のローン支払額はe-POWERの方が100円安い。え……?

さらに店長さんオススメのグレード、「モードプレミア」

モードプレミア

俺はメダリストブラックアローというグレードにしようと思ってたんだけど、店長さんはこのモードプレミアの方が残価設定が高いので価格的に有利だと言う。

ブラックアローとモードプレミアは装備が違うのだけれど、オプションを調整することでほぼ同じ装備になる。

外装、内装はどちらも豪華版だが、高齢の父にはシックな高級感のモードプレミアがいいのかもしれない。

価格がブラックアロー(のe-POWER)は約280万。モードプレミア(のe-POWER)が約270万で約10万円の差。毎月のローンはモードプレミアの方が3千円安くて、60回払いなのでトータル18万円安い。え…… 車両価格差を超えて安くなる?

これはe-POWERとモードプレミアの5年後の残価(買取価格)設定が、4WDやブラックアローより高いから起こる魔法。

5年後の中古市場での人気が、e-POWERなりモードプレミアの方が期待できるという日産の判断なのだろう。

凄いぞ店長さん。俺の要望に応えたうえで、よりお得な提案をしてくれる魔法使い!

注文しちゃいました。

と言うわけで本日、日産ノートを注文してきた。

車ってのは、人生で3番目に高い買い物なのだそうだ。

1番高いのは家。じゃあ2番って……?

保険です。

後日詳しく話します。家、保険、車という人生高額ベスト3の話を。

 

結局、店長さんが残価が高いと教えてくれたe-POWERのモードプレミアで決めた。

4WDを希望していた父には、「ふたつで十分ですよ! わかってくださいよ!」と言った。

映画「ブレードランナー」の名シーン

実際、2駆のe-POWERは同クラスのガソリン車と比較して圧倒的なトルクだったし、そもそも父はもう雪山の未舗装の道にアタックする機会はないのだ。燃費のいい2駆で十分。

色は白にする。俺だったら赤を選ぶが、これは使用者の父と母の希望を優先する。

装備は安全性能を重視。父も母も高齢だからな。自動ブレーキその他は付けてやりたい。

5年で下取りに出す設定のローンだが、5年後には自動運転が普及してるかもしれんし、ちょうどいい。

今朝、両親に車注文してくるからねと言ったら、とても喜んでくれた。

うむ。俺も嬉しい。

下のカタログは無料の電子書籍。読めばいいのに。


日産 ノート[NOTE] Kindleカタログ


日産 ノート NISMO[NOTE NISMO] Kindleカタログ

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top