相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

個人の時代の泳ぎ方

個人の時代の泳ぎ方

世の中が明らかにシフトしている。

集合から個の時代にね。

いくつかの実例と、その波にうまく乗る考え方をまとめてみようと思う。

小型のテレビが売れなくなっている。

ガベージニュースより(画像クリックで元記事へ)

地上波デジタル放送の特需以降、37型以上の大型テレビの出荷台数は横ばい。

36型以下中型、小型テレビはじわじわと需要が落ちている。

家族の団らんに必要な大型テレビは必要とされているが、単身者はテレビを必要としていなくなっている。

俺も家族と過ごすとき以外はテレビを全く見ない。録画もしない。

自分の空いている時間に、その時自分が興味のあるネット配信動画を見るだけ。スマホやタブレットでね。

みんなが見ている番組、情報というマスメディアが成立しなくなっているのだ。

マスメディアの代表だった新聞はどうだろう?

テレビよりも、みんなが肌で感じていると思う。新聞が読まれなくなっていると。

日本新聞協会より(画像クリックで元サイトへ)

イメージ通りの統計だね。

コンビニに新聞が置かれなくなって久しい。

20年くらい前は、コンビニのレジの前に新聞置いてあったよね。それが今はない。

コンビニは売れる物しか置かないから、それがなにより世情を物語っている。

個人の情報端末。

テレビ、新聞の需要が落ちているのは、やはりスマートフォン普及の影響が大きい。

CDやDVDが売れなくなっているのも、一人一台の情報端末で音楽を聴きたいからだ。

音楽もアルバム単位じゃなく、好みの一曲だけ買えればいいもんね。

そういう意味では、音楽の需要も集合から個に需要が変化したと言える。

需要に合わせて、市場も変化していく。

これまで有効だった商品が売れなくなれば、自然と企業も売れる商品へと開発販売をシフトしないといけない。

でも、テレビ局や新聞社は方向転換が難しいだろうね。あまりにも主力に特化しすぎてて。

だから、消費者だけでなく、企業も小回りの利く中小企業の方が、有利な時代になるかもしれない。

いや、むしろ個人でのビジネスの方が、より個人の消費者のニーズに特化できる専門性を持てそうだ。

大量生産からオリジナリティーへ。

大衆という集合に有効な情報、商品を大量生産して利益を上げた時代が終わった。

みんなが見ているメディア、みんなが持っているブランドという価値は終わり、これからは自分だけに最適化されたメディア、所有欲を満足させるインスタ映え(笑)する商品、機能的な商品という価値が重視される。

投資も個にシフトする。仮想通貨取引は、特定の国家や組織に依存しないシステム。

売り手と買い手をつなげるために取引所、販売所があるだけ。

メルカリのような個人売買システムは、今後さらに普及、発展するだろう。

個人の時代を泳ぐために

自分は何が好きか。自分は何ができるかを知って、人に伝えられるようになること。

一流大学を出た、一流起業に勤めているという古い価値観ではなく、自分は何者なのかを世界に伝えられること。

東大の名前をフランス人は知っているだろうか? 俺はフランスの一流企業を知らない。でも、フランス人でレトロゲームの保存、収集をしている人は知っていて、Twitterでお話をすることはある。その人がやっていることに興味を持ち、その人を知りたいと思う。

そういう繋がり、その自分の好きなスキルで、収入が得られるようになれば理想。

仮想通貨の存在意義に、ある活動をしている人に、容易に資金提供できるという性格がある。

通貨の換金も銀行口座を通す必要もない。世界中の個人から個人への直接の資金提供が可能。

つまり、自分のスキルを適切に発信できれば、それに対し世界中の個人から、賛同と資金を得られる時代というわけだ。

自分の好きなことを、人に賛同を得られるまでに磨いてスキルにすればいい。それが個人の時代の泳ぎ方。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top