相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

これ知れば、世の中のお金の流れを掴み取れる。

これ知れば、世の中のお金の流れを掴み取れる。

評価の表現

大器晩成という言葉があるように、人の能力は“うつわ”に例えられることがある。

器とはなんだろうか?

単純には、物を入れる道具。大きい器の方が沢山の物を入れられたり、多くの水を汲めたりで重宝する。

人に対して、器が大きい、小さいと言うのも同じこと。大きい方が評価、重宝される。

評価の基準

別の表現もある。ふところが広いとか、太っ腹とか、気っぷがいいとか。

マイナス表現では、けつの穴の小さい野郎とも言われるが、因果関係がわからない。

気前がいいとか、器がでかいとか。どういうところから評価されるのだろう?

それはお金の使い方に寄るところが大きい。

しかもそれは、赤の他人へのお金の使い方。

自分のため? 世のため人のため?

自分の欲しいものや趣味に大金を使っても、誰も気前がいいとは言ってくれない。

家族や友人などの身内に使っても、気っぷがいいとは言ってもらえない。

これらの評価を得られるのは、お金を他人のために使った時なんだ。

災害の復興や、慈善団体への寄付。公共、公益への寄付。自分の利益にならないところにお金を使った時、あの人は器がでかいと言ってもらえる。

売名行為?

お金持ちが寄付をすると、売名行為と言う人もいる。

バカげている。単なるひがみだ。

現実に困っている人がいるのだ。その人々に対し無償の支援をすることに何の問題があるだろう。

文句を言っている人は苦境にある人に何かをしたのか?

人が他人を助けることに対し、まったく関わりのない第三者がなぜ文句を言えるのか。

自分が被災者になってみればわかる。

東日本大震災で、著名人が多額の寄付をしてくれたのを、俺は被災地からとても感謝していた。

一部のマスコミは寄付額の競争みたいに報道し、ネットでは金持ちの売名行為と言う人もいた。

安全地帯から勝手なこと言ってないでお前がここに来い。住んでみろ。ライフラインと人の命が失われたところでだ。

何もしてない奴が、賢しげに批判したところで、人からの評価は得られない。負け犬の遠吠え。

投資の面から考える寄付

お金の使い方には、消費、浪費、投資があると書いたことがある。

生活に絶対必要な消費。必要ではないが楽しみのための浪費。これらの支出は絶対にお金が増えない。

唯一お金が増える可能性があるのが、投資。

将来の幸せのために投資をしようよというのが当ブログの主旨。

そして寄付。

消費、浪費、投資は、全部自分のために使うお金。つまり誰からも感謝されない。

寄付だけが、自分のためではなく、他人のために使うお金。つまり人から評価される原動力。

寄付は見返りを求めない投資の潤滑油、と以前の記事に書いたが、こういうことだ。

気づいていないだけで、実はみんな他人に一番お金を使っていて、他人から一番お金を頂いている。

自分のお金の使い道を考えると、消費への割合が一番大きい。

消費の支払先は、お店だったり、大家だったり。つまりは見知らぬ他人だ。

親のお金で育てられたり、学費を出してもらったけど、人生トータルでは、給与とかで他人からもっと沢山お金をもらってる。

世の中のお金の大半は、サービスを媒介にして他人へと流れていく。

お金の流れを掴むには、他人へ流れ、他人から流れてくるイメージを意識しないといけない。

投資から得られるリターンも、元は他人から流れてくるもの。

消費も浪費も投資も、まず他人へお金を流す行為。

消費と浪費はその流れがサービスになって返ってくるが、投資はお金になって返ってくるという話。

では、寄付はどうだろう?

他人へお金を流す行為には違いない。そしてサービスもお金も返ってこない。これが見返りを求めないということ。

だけどね。だからこそ、感謝が返ってくる。

感謝ってのはなんだろう? どんな効果があるんだろう? 考えてみてほしい。

お金があれは本当に幸せなのかな?

何のために投資をしているのか? お金を稼ぐことは手段であって目的ではないはず。

俺はね、幸せになりたいんだよ。

不安のない老後を過ごしたいし、世話になった人に恩返しがしたい。苦境にいる人を助けてやりたいとも思う。それが俺の幸せだ。あ、あと心置きなくゲームをしたい。

そのためにお金があれば手っ取り早いってだけの話だから、投資をしてる。

もしお金がなくても、上記の幸せが達成できるなら、金を稼ぐ必要はない。

俺はさ。色んな人に迷惑をかけて生きてきたんだよね。

その恩を返せる人間になりたいと思ってる。

恩返しをして感謝されたら、俺もうれしいしね。

感謝されてぇよなぁ。だって感謝されたら俺幸せだもん。

だから、手段としてお金は稼ぐけど、そこで得た力は人からの感謝に変えたい。

だから俺は寄付を続けるんだろうね。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top