相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

俺が借金生活から抜け出せなかった理由。

俺が借金生活から抜け出せなかった理由。

日本が世界でNo.1の統計をご覧下さい。

画像クリックでNewsweekの出典記事へ

詳しくは上のグラフをクリックした先のリンクを見て欲しいが、日本の大人の勉強しない率が世界でワースト1。

思い当たるなぁ! 俺も社会人になってから勉強しなかったし!

これが日本の教育システムの結果なのだろう。

知識偏向の詰め込み型で、学びの喜びというものを感じにくい教育。

入学が難しく、無難にやってれば卒業できる大学。

欧米の大学は入学は簡単だけど、卒業が難しい。向いてないと思ったら、学部を変更することも可能。

日本人の生涯学習率はなぜ低いのか?

答え合わせの教育だからだろう。この数式の答えはこれ。筆者の気持ちはこれ。原子番号はこれ。年表の語呂合わせ。

だから学びの喜びがない。その後の人生に生かせない知識を必死に学ぶ苦痛。

国語算数理科社会体育。恐るべき事に日本では、金融リテラシーを学ぶ授業がない。

金融リテラシーとは、お金に関する知識と判断力のこと。

世界の子供たちの金融リテラシーで、今一番優れているのが中国。

アメリカでは『モノポリー』で金融リテラシーを教える授業もあるそうだ。

by カエレバ

 

日本の子供の金融リテラシーを示す統計はない。そもそも授業がないからね。

俺が参加している投資セミナーでは、日本の株式市場は未熟という話がよく出る。

日本人の金融リテラシーへの学びが足りないこと、大人になってらからの学びが足りないことが原因だろう。

自己投資。

よく、習い事や資格取得などを自己投資と表現する。

明確な定義のある言葉ではないが、効果的な自己投資と、単なる趣味の自己投資に分けられる。

投資とは、唯一お金が増える可能性のある支出と書いたことがある。

この原則に当てはめると、自己投資とは、自分の収入を増やすための支出と考えればいい。

世の中のお金持ちはみんな自己投資をしている。

俺の身近にいる資産家は漏れなく勉強家だし、世界の富豪のインタビューなんかを見ても読書量が多い。

逆に言うべきかな。

効果的な自己投資した人だけが、結果的に金持ちになるのだと。

読書。

自己投資なんて、そんな大げさに考えなくてもいい。

本を読むだけで十分に自己投資。まあ、書籍じゃなくてもネットの文章でもいいけどね。

そうそう。このブログを読む時間も、みんなの自己投資になれば俺も嬉しい。

ただ、このブログは無料で読めるんだよね。書けることにも限界がある。

効果的な自己投資をするには、短時間で有効な知識を身につけるべき。

それを実現する媒体は、やはり有料の書籍が多い。有料メルマガや、noteなんてのもあるね。

投資に関する本を読む。中には役に立たない古い知識や、間違った知識もあるかもしれない。

沢山本を読めば、どれが正しくて、どれが間違っているか大体見えてくる。

あとは失敗しても再起できる範囲で実践して、検証すればいい。

知識がスキルになる。

本を読むだけだと単なる知識。机上の空論。

実践して確認すればそれは自分のスキルになる。これが自己投資。

身につけた知識は使わないと意味が無い。

習い事や資格取得も同じ。それらを習得した上で、使わなければ自己投資にはならない。

使いもしない、仕事に関係ない、所得が増えない資格を沢山もってるのは趣味。

趣味は人にとって、大切な時間と支出だけどね。それを自己投資だと勘違いしちゃいけない。本質は浪費だから。

金融リテラシーを学ぶこと。

お金持ちがやっているのがこれ。自分の収入を増やすために効果的な自己投資。

そして得られたスキルで所得を増やす。身についた、生きた知識で戦うわけだ、この競争社会を。

お金持ちは、自分が何を努力してきたかなんて語らない。

伝わるはずがないからだ。自己投資をしていない人には。

インタビューなんかで聞かれれば答えてるのは、目の前に学ぼうとしている人がいるから。

世の中、成功者を妬む人がほとんどだろう。

「なにか悪いことをやっているに違いない」「人々から搾取した汚い金なんだろ」富裕層というだけで憎しみの対象にしてる。

素直に聞けばいいのだ。「羨ましいです。どうしたらそんなに成功できるんですか?」と。

俺がやってる自己投資。

投資本を読んでる。投資の勉強会に参加してる。このブログを書いてるのも自己投資に役立ってる。

いい加減な事は書けないから、毎回調べ物をしながら記事を書いてるからね。

後で読み返して、自分でも復習できるいいブログだ(自画自賛)。

自分のレベルアップの為に何をしてるかってことかな。

本を読んで、勉強会に参加して、自分の芯が出来た気がする。

相場が暴落してても慌てない。何をすべきか事前に学んで知っているからね。

自信って言ってもいいのかもしれないね、自己投資の効果。

自己投資してなかったころの俺。

考えもしなかったよね自己投資なんて。毎日頑張って仕事して給料貰って、毎晩頑張ってゲームして遊んでた。

日々研鑽していたよ。それこそゲームでレベルを上げて、西へ東へ戦場を駆け巡っていた。

勤勉だったなぁ。一日も欠かさずログインして、世界の危機を救ってた。

そして何も残らなかった。貯金はなく、借金だけはあった。

投資なんて知らず、消費と浪費だけ。そのうち給料が増えて生活が楽になるんじゃないかと思ってた。

ならなかった。どうにもならなかった。雀の涙ほど給料が増えても、消費の方がもっと増えていた。

全部100%自分のせいなんだけどね。環境のせいにしてたかな。住んでる地域の平均所得の低さとか、会社の業績のせいにしたり。

人によっては、それが富裕層への憎しみになるのだろう。自分の貧困は富裕層に搾取されているせいだと。

言い訳しないと生きていけないんだよ人は。

納得できない自分の境遇に理由をつけないと、自分以外の誰かに理由を押しつけないと生きていけない。

自分が不幸なのは配偶者のせいだ。親のせいだ。子のせいだ。

社会のせいだ、政治が悪い、富裕層が悪。

生存戦略、しましょうか。

自分がしあわせであるように。周囲がしあわせであるように。すべては自分に問わねばならない。

だってさ。変えられるのは自分しかないんだから。一番簡単なのが、自分が変わることだよ。

きっと何者にもなれなかった、かつての俺にこの記事を伝えたい。

学ばなかったから、自己投資しなかったから、ちっとも裕福になれなかったのだと。

苦痛と未来。

貧乏だった頃の自分を後悔しているわけではない。

楽しかったしね。毎晩、週末、好きなだけ遊び倒すのは。

思い出は残ってるし、今でも続くゲーム仲間との交友関係もある。

最大の問題は不安だね。未来に対する不安。家も貯金もなく、野垂れ死ぬ未来しか見えなかった。

投資、自己投資するようになって突然に、明らかに、圧倒的に。明るい未来が見えてきた。

迷惑ばかりかけた両親に金銭面で親孝行できるようになった。

両親が生きてる間に出来たことをよかったと思っている。

いつ寝たきりや亡くなるか分からないんだもん。恩返しできなかったらきっと後悔していた。

自分自分の老後も安心が見えてきて、次のステップとして、周囲の人のしあわせも考えられるようになってきた。

自己投資には時間を割かねばならない。

ずっとやってきたネットゲームを、今はやらなくなってしまった。

そこに微かな痛みはある。でもそんなことより、目の前に大きく明るく見えてきた未来を掴みたいんだ。

今は本を読んだり、ブログを書く時間に自分を投げ込みたい。

それが俺の自己投資。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top