相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

金≦信用

金≦信用

不動産編第1回。

身も蓋もないところから始めちゃいます。

不動産投資は難しい!

そうなんだよ。安易に始めちゃいけない。失敗するからね。

ただ、不動産投資の難しさは始めるまでのところ。ちゃんと勉強して適切な物件を適切な価格で買えれば、あとは楽。

継続するのはとても簡単。

難しいのはシステムづくり。だからそこをしっかり学んでいこう。

何が難しい不動産。

一番分かり易いのは、同じ物件が2個ないこと。

立地も規模も価格も、同じ物件は絶対に存在しない。

比較すべきものがない。同じ設計の棟が並んでいても、道路へのアクセス、日当たり、風当たりが違う。

同じマンションの同じ間取りの部屋でも、角部屋かどうか、隣の建物の影になったり風景が違う。

ふたつとない物件の収益力や価格、入居率を適正に判断しないと失敗する。

最初に学ぶべきは適正価格の割り出し方。

そして必要なのが導き手。

信用できるメンター。信用できる取引相手。信用できる銀行マン。信用できる不動産屋。

全ては信用。

不動産は高価だからね。信用できないものにお金を出してはいけない。

知識もおんなじ。自分の知識が信用できないなら、不動産投資を始めてはいけない。

信用できる知識、信用できる人を見つけるまで頑張ろう。

逆に言うと、信用できるものにはきちんとお金を出すこと。

費用や報酬をケチらない。だって信用したんだもん。それは必要な経費なんだよ。

ビジネスってのは信用、信頼に対してお金が動く。

大事なお金、高額なお金を動かすのが不動産投資。

だから何度も言うけど、信用を作ろう。

それはもしかして俺かもしれないね。

もしもこのブログの読者が物理的に近くに住んでればね。そういう話も現実になるかもしれないね。

全然未定だけど、物件診断もやってみようかと思ってる。

件数が多くなったらできないけどね。誰か実際に不動産を買う人が出てくるまで相談に乗ってもいいかなとか。

経験者は自分でやってくれだけど、本当に初めて不動産を買おうと決意してくれる人が出てきたら嬉しいね。

俺もブログを書き続ける励みになる。

この不動産編は、読者に物件を見る目をやしなってもらうことを目標に書く。

投資は結局、自己判断、自己責任。

信用できるパートナーを見つけても、結局は自分の責任。

だから自分のスキルを磨けるようにね。そういう気持ちで不動産を読んで欲しい。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top