相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

嫌いな自分を変えたい→でも出来ない!→を突破する方法

嫌いな自分を変えたい→でも出来ない!→を突破する方法

「自分を変えたい!」

そんな風に思ったことはないだろうか? 俺もある。かつてあった。

でも変えるために行動できない。そんなことばかりじゃないかな? 俺もそう。かつてそうだった。

俺は今、その方法を学んで実践している。そして成果が出ているんだ。

ダメだった俺が、変えたいと思って変えられなかった俺が行動できるようになった。その方法を伝えよう。

ダイエットしたいけどできない。勉強したいけどできない。夢を叶えたいけどできない。

そんな人にこの記事を読んでもらいたい。

脳の構造を知って自分を知る

自分を変えたいのに行動できない理由、そして解決法を知るには、元凶である脳の構造を知るのが手っ取り早い。

この画像を見てほしい。『納期半減の生産清流化』というサイトから拝借した。

画像クリックで引用元のサイトへ

専門的な話はリンク先を読んでくれ。やりたいと思ってることができない理由を簡単に説明する。

「自分を変えたい」「勉強(仕事)しなきゃ」「ダイエットしなきゃ」は論理的な思考をする人間脳で考えている。

そのために必要なこと、やるべきことをやれないのは、実は本能をつかさどる爬虫類脳がストップをかけている。

上の図の人間脳、哺乳類脳、爬虫類脳は命令権の強さが違う。

平常時は爬虫類脳が一番強い。睡眠、食欲、性欲への欲求ってとても強いよね。

勉強したいけど寝てしまう、痩せたいけど食べてしまう、性欲を我慢できないのは、生存に必要なことだから。

理屈ではわかっていても、勉強を始められない、ダイエットを始められない、自分を変えられないっては本能が邪魔してる。

生物は本能的に楽をしたい、行動しないようにできている。無駄なエネルギー消費は死の可能性が高まるから。

恐竜時代や原始時代ならそれでよかったんだろうけど、現代の人間は本能だけでは生きていけない。

働かなきゃ飯が食べられない。勉強しなきゃお金持ちになれない。

強い本能に打ち勝つ為に援軍を呼べ

ここだけ読んでも解決しないよ。まだまだ実践的な方法じゃないけど、この概念は知っておいたほうが実践に有利。

一番強いのが爬虫類脳による本能。論理的な人間脳だけではなかなか勝てない。

哺乳類脳も味方にして、2対1の戦いをすれば、本能に勝てる。

哺乳類脳ってのは、訓練や習慣化された行動、感情をつかさどる部分。喜怒哀楽は犬や猫にもあるし、訓練すれば芸もできる。

「勉強したい」と思ったなら、勉強した結果どんなメリットがあるか人間脳で考えて、どんな喜びがあるか哺乳類脳で想像して習慣化すると、爬虫類脳のストップを突破できる。

「勉強したい」を「ダイエット」や「ダメな自分を変える」に置き換えればいいでしょ?

理屈が分かったところで、実際はどんなことをすればいいか考えてみよう。

勉強できない俺が勉強できるようになったやり方

俺は勉強ができなかった。嫌いだもん勉強。その時の俺の脳内はこう↓

〇人間脳「スキルアップのために勉強しなきゃ」(論理的)

×哺乳類脳「勉強嫌いだし」(経験的、感情的)

×爬虫類脳「疲れてるし寝たい」(本能)

うわ、勝てるわけない。哺乳類脳が爬虫類脳に味方してるもん。そりゃ勉強できないはずだよ。

本能に打ち勝つには、哺乳類脳を味方にしないといけない!

俺は宅地建物取引士の資格を取るために、1日5時間勉強している。

5時間確保するために、朝5時に起床して出社までの2時間半勉強(休憩時間も入れて3時間)。

夜は21時から2時間半勉強(休憩時間も入れて24時就寝)。

この時間割を実現させるのに、俺はブログを利用した。

いま実践、継続してる勉強時間と同じ時間に、以前はブログを書いていたんだ。

俺は文章を書くのが好きだから、ブログを書くのは「楽しい」と感じる。

〇人間脳「ブログ書いてみんなの役に立ちたい」(論理的)

〇哺乳類脳「ブログ書くの楽しい」(感情的)

×爬虫類脳「疲れてるし寝たい」(本能)

哺乳類脳が味方になってるから、眠くても5時に起きて執筆。夜は0時までブログ書くための調べものをしていた。

ブログを書き続けるうちに、目覚まし時計がなくても5時に自然と目が覚めるように習慣化された。

俺が勉強を始めてブログの更新が止まったのは、ブログに充てていた時間を勉強にシフトしたから。

〇人間脳「スキルアップのために勉強しなきゃ」(論理的)

△哺乳類脳「勉強嫌いだし」(感情的) 「5時に起きる」(経験的)

×爬虫類脳「疲れてるし寝たい」(本能)

お、拮抗しているぞ! 哺乳類脳がどっちつかずの状態だ!

哺乳類脳の感情部分を勉強を楽しめる方にシフトすれば勝てる!

で、勝てた。勉強方法を工夫して、愉快だと思えるようになったんだよね。感情も味方につけて、1日5時間勉強を継続できるようになった。

今回のテーマと違うので、愉快だと思える勉強法は解説動画のリンクだけ張っておく。興味があれば見てくれ。

脳の機能を理解して、哺乳類脳を騙せば本能に勝てる

理屈ではやった方がいいと分かるけど、本能に勝てない。

「やりたいけどやれない」を打破するには、感情をコントロールして、訓練で習慣化すれば本能に勝てる。

ダイエットできないなら、運動を楽しめるように工夫して、運動することを習慣化すればいい。

好きな音楽を聴きながら運動したり、俺のように仕事の休憩としてウォーキングする。その時間は気まぐれで変えない。

やり始めて、「楽しいことだ」「いつもやってるから」と哺乳類脳を誘導できれば、苦労せず、頑張らずに本能に逆らえる。

俺の同僚に、「自分を変えたいんです!」と宣言した人がいた。

でも翌日から行動できなくなった。本能に支配されているからだ。

彼が自分を変えるには行動するしかない。行動するには本能に逆らわなければならない。

  1. まず理屈で思考。自分の理想像を思い描く。将来の損得を考える。
  2. 次は感情のコントロール。自分を変えるためにやらなければいけない行動を「楽しい」「楽勝」「へっちゃら」と置き換える。
  3. 次は習慣化。まずは「やってみよう!」やったことを数日、数週間続けてみる。そのうちそれが日常になる。

このタスクで本能をねじ伏せれば、あとは努力も根性も必要ない。頑張らなくてもやりたいことがやれるようになる。

なにも考えてないと誰でも本能に負ける。

理想の自分になりたいよね? やってみれば簡単なんだよ。

いいだろ? 理想の俺 いいなぁ 理想の君

この動画はいいよ。哺乳類脳の感情を盛り上げて一歩を踏み出せる。字幕をオンにして歌詞を表示させてみてほしい。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top