相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

投資と投機の境界で破産した男

投資と投機の境界で破産した男

昨日、こんな報道があった。

所得税の申告で、競馬のハズレ馬券を経費に算入できると最高裁が判決。

俺は、なんでこんな事が最高裁まで行くのか分からなかったし、ギャンブルが税金の経費になるの? と驚いた。

競馬≠ギャンブル?

昨日の判決とは別件で、2年前にこんな裁判があった。

自動購入ソフトを使って、大量の馬券を買っていた男を国税局が脱税で訴えた。

馬券の払戻金を申告しなかったので約5億円の脱税だと。

男はこれを、ギャンブルではなく営利目的の継続的行為だからハズレ馬券を経費として認めろと反論。

裁判所は男の言い分を認め、ハズレ馬券を経費として認め、最終的に課税額は5千万円まで減額された。

2年前にこんな判決があったことも驚きだが、昨日の判決と何が違うのだろうか?

投資と投機の境目。

昨日の裁判の焦点は、被告がパソコンの自動購入ソフトを使っていなかったこと。

2年前にギャンブルではなく営利行為と判決されたのは、勝ち馬の予想をせず、パソコンで自動的に馬券を買っていたから。

国税局は、今回は自動購入じゃないからギャンブルであり、ハズレ馬券は経費と認められないと主張した。

結局最高裁は、今回の行為も伸るか反るかの賭博ではなく、論理的なビジネスだったとして、ハズレ馬券を経費算入するものと判決。購入方法は本質的なものではないとした。

なにがどう問題なのさ?

所得税の収入の取り扱いの問題だ。 

通常、競馬などのギャンブルで得た配当金は、たまたま当たっただけの一時所得とされる。

一時所得は50万円までは課税されない。

俺は競馬に税金がかかることを知らなかったのだが、年50万円以上の当たりは確定申告しないといけないのだ(とは言え、現実的に申告している競馬ファンは少ないという記事もあった)。

そして、一時所得は経費で相殺できない。事業じゃないからだ。

昨日と2年前の男達は、競馬をギャンブルでやっていた訳ではなく、これだけ馬券を買えばこれだけ配当があるはずだと確率的に論理的なビジネスをしていた。だから一時所得ではなく、雑所得。

雑所得であれば、収益を得るために必要だった支出が経費として認められる。

ハズレ馬券があってこその当たり馬券という理屈。

今回は、この理屈が最高裁に認められたという結果だ。

裁判に勝ったものの……

ちなみに、昨日の裁判の男は約72億円の馬券を買い、約5億円の利益を得ていた。

主張が認められ、男が幸せになったかと言うとそうではない。

1億9千万円の課税は取り消されたが、訴訟の間に公務員の彼は職を失い、退職金も無くなった。裁判の間も追徴税を払ったため、蓄えは無くなり、競馬を継続することも出来ず、家族は泣いているという。

裁判に勝っても人生はボロボロだ。

しっかり投資。きっちり申告。

我々が学ぶべき教訓は2つ。

投資か投機か曖昧なものには投資しない。社会的に合法的投資であると万人が認めるものに投資する。

得られた所得の申告と納税は正しく行う。故意でも過失でも、脱税行為は犯罪。

追徴税、延滞税も痛いが、社会的制裁が取り返しのつかない傷になる。

理由はどうあれ、勤め先から懲戒解雇を言い渡される十分な事由になるし、新しい職場を探すときも犯罪歴、懲戒解雇されたことは履歴書に記載しないと、経歴詐称でまた解雇事由になる。そもそも犯罪歴のある人を雇う企業は少ない。

何のためにお金を稼ぐのか? 自分の幸せのためだろう。

目先のお金に惑わされて、未来の幸せを壊してはならない。

頂いたコメント & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私の身の周りにも旨い話、危なっかしい話はたくさんありますが、どうにも上っ面だけで中身がありません…。

    それでも、なんでだろうね…みんな口を揃えて凄い凄いって乗っかっていく

    そういうとき日々の勉強は大切だなぁって思いますね。心の支えになる

    ps 不動産投資、挑戦する気が湧いてきたので近々社長に相談しようと思っているのですが、いかんせん本業の業績が芳しくないので言い出せずにいます(笑)多分いまタイミングが悪い

  2. 勉強するってことは、自分の中に判断基準を構築するってことですね。
    それがあれば、チャンスが来たときに確信を持って摑みにいけるし、
    危ない話が来たとき、明確に断ることができる。

    お、不動産投資ですか。興味をもって頂けたのは嬉しいです。
    なにかあれば、相談に乗りますよ。
    不動産の一棟目は絶対に失敗してはいけません。
    慎重に丁寧に時間をかけつつ、大胆にいきましょう。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top