相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

不動産投資を目指す~あしたのために(その2)~

不動産投資を目指す~あしたのために(その2)~

投資初心者、最初にして最大の壁。

それは、何をすればいいのか分からない。

この一言に尽きる。

答えから先に書く。

信用情報を整えることから始めましょう

今後、詳しく(ネチネチとしつこく)理由を書くつもりだが、

当ブログ読者諸君には、不動産オーナーになることを推奨する。

今は理由を箇条書きするだけにする。

  • 俺が不動産屋に勤務していて、実践ノウハウを教えられる
  • 金(貴金属の)と同様、現実に存在する資産で、そのものに価値がある
  • 安定して長く運用できる投資であること
  • 平井銀二が「土地はやっぱり王様だよ」と言っていた
  • 銀行が融資してくれる投資であること
  • 不労所得であること

誤解を正すところから説明する。みんな俺のことをこう思ってないか?

「お前がアパート買えたのは不動産屋だからだろ?」


違う、そうじゃない

不動産屋の社員で、不動産を所有している人はほとんどいない。

不動産屋って高所得者なイメージあるけど、実は銀行から見た評価は低い。

銀行は不動産屋にはお金を貸さない傾向が強いってこと。

不動産の売買は景気に左右されやすいから、収入の不安定な業種だと思われてるんだね。

だから不動産屋社員が、アパート買いたくて銀行にお金借りに行っても借りにくい。

これを読んでる不動産屋でないあなたの方が、全然不動産オーナーになれる可能性が高い。だけど、ノウハウを知らないってだけの話。

だからノウハウを、道しるべをこのブログで教えます。

 

お金あります? ないよね。俺もなかった。

お金持ちになりたい? なりたいよね。俺だってなりたい。

どのくらいお金あればいいの? 俺は老後に金の不安がないくらい欲しい。

それっていくらくらい? 俺は約20年後の定年までに1億円欲しい。

別の記事で書くね、老後にいくらお金が必要なのか計算する方法。

20年で1億の貯蓄。どうしましょう?

色んな方法がある。けれど俺には元手がなかった。

毎月の給料の一部を投資に運用するだけでは、全然届かない。

もっと大きな投資をすることでしか、老後に安心できる一億には届かない。

投資の元手をどこかから借りてくるしかない。

まぁ、常識的に考えて銀行から借りるわな。

銀行に行って「お金貸して」と言ったことあります?

俺はある。3年前に100万円貸してと銀行に言ったら、電光石火で断られた。

借りる理由が自分探しの旅に出たいだったのが敗因。

銀行がお金貸す基準は明確。ちゃんと返せる人かどうか。

きっちり返済する実績と資産のある人にはお金を貸す。

では、実績も資産もなければ? 納得させるしかない。

間違いなく利益が見込めて、毎月確実に返済可能な事業計画。そして担保。

つまりそれが不動産投資。アパート経営。

買った不動産を、担保にできるから銀行はお金を貸しやすい。

借りた人がお金返せなくなったら、銀行は抵当権を使って貸し金を回収できるからね。

銀行がFXや投資信託の元手を貸してくれないのは、担保にならないから。

銀行はしっかりした不動産投資計画にはお金を出す。

不動産屋にはお金を貸さないが、不動産投資にはお金を貸すのだ。

俺が銀行融資でアパートを買えたのは、不動産屋だからではなく、アパート経営計画がしっかりしていたから。それと人徳。あと運が小さじ1。

こんな  必然的な流れなんだよ。

金持ちになりたい→元手が足りず目標に届かない→銀行から借りるしかない→堅実な事業計画と担保があれば借りられる→不動産投資が鉄板

お金ないけど、お金持ちにはなりたいのよ!

そんな人の目指すべきところが不動産投資。

お金持ちになりたいけど、何をすればいいのか分からないのよ!

つまり不動産投資を始めるため、銀行が融資してくれる人になることから始めればいい。

不動産投資の事業計画も大事なんだけど、それはいざ借りる時の話。

まずは信用

銀行が融資の審査をするとき、この人なら大丈夫だなと思わせる信用。

  1. 家賃やクレジットカード引き落としの滞納をなくす
  2. 銀行に積立金をする
  3. 派手なアロハシャツで銀行に行かない

将来の不動産投資を見据えて、まずはここから始めよう。

1.は一番大事。銀行の審査で真っ先に調べられて、滞納があれば審査落とされる。

今まで滞納があっても大丈夫。これからは絶対滞納しないようにして、2年もすれば評価が変わる。ブラックリストに載ってても7年で消える。

2.は銀行と知り合いになれって話。あなたは知らない人にお金貸せる? 普通は知ってる人に貸したいよね。銀行も同じ。口座作ってくれてる人に貸したいし、定期積立してれば「この人はお金を貯められる人だな」と評価される。俺は毎月5千円の積立から投資をはじめた。

3.は俺の失敗談。前の会社はスーツじゃなくカジュアルokの職場でね。真っ赤なアロハシャツ姿で会社の口座から数百万円出金しようとしたら通報された。

銀行が会社に電話してね「怪しい人がおたくの口座から多額の金を引き出そうとしてる」と。社長が大笑いしながら「その赤いのは、うちの経理だから黙って出してやってくれ」と対応してくれて事なきを得たが、なんつーかまあ。身なりも信用の大事な要素なのですよ。

人を見た目で判断してはいけませんが、アロハシャツで大金を動かすのは悲しみが。雪のように降り積もる。

頂いたコメント & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 身なりは確かに大事ですね。あと分不相応な装飾や所持品も浪費家に思えちゃうのは私だけでしょうか?

    自分探しの旅で必要だった100万円は、どう見積もったのでしょう?笑
    具体的な目的地、日程などがあったのなら教えてください。

    • 正直に告白しますと、無職時代生活費に困っていまして。

      銀行にお金をおろしに行ったら「用途不問で100万円までフリーローン」みたいなチラシがありまして。
      ダメ元で申込書に記入提出してみたのです。
      用途不問のはずのその申込書に用途記入欄があったので、自己啓発の旅と記入しました。
      実際、職探しを場所にこだわらず日本全国で探していたので、遠い県外や離島に面接に行く費用にあてたいなと。
      衝動的無計画な申込みでしたので、はじかれて当然ですね。

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top