相場なんか見てません

年収200万の俺が不動産オーナーになった経緯とこれから

寄付。やってみなきゃ分からない。

寄付。やってみなきゃ分からない。

「溜息3秒」という名前のデスクペンがある。

動画を見てもらえば分かる。

ボールペンがスタンドに収納されるのに3秒かけてゆっくり沈む。

スタンドとペンの隙間がわずか20ミクロン。なので、空気が少しずつ抜けてこんな動作になる。

このペンスタンドを3個買った。

勤め先の不動産屋の接客カウンターに置くためにね。

会社の経費ではなく、俺が自腹で買った。

お金の使い道は4つある。

消費、浪費、投資、そして寄付。

憶えてるかな? 前に書いた記事を参照してね→俺の給料の使い道

ペンスタンドを自腹で買ったのは、寄付したかったから。

実践→体感→理解

投資の勉強を始めて、お金の使い道を学んだが、寄付がどんな効果を生むかは分からなかった。

見返りを求めずに使ったお金が、やがて自分に返ってくるという理屈。

寄付こそが投資を成功、加速する原動力だと説かれてもピンと来なかった。

だからまずやってみたんだよね。それがこのペンスタンド。

日頃世話になってる会社に、社長に、感謝を込めて。

実際それまで、接客カウンターにはペンスタンドなくてね。受付や契約にペン必須なんだけど、その都度ペンを探すことも多かった。

これを買ってからペンを見失うこともなくなったし、動作がおもしろいから、お客さんが興味もってくれてね。会話の糸口になることもしばしば。

社長も社員も喜んでくれてね。正直それだけで買った甲斐はあったと思える。

そしてね。寄付の効果は後になってよく分かった。感じられた。理解できた。

仕事で躓いたとき、皆が応援してくれた。

アパートを購入できたのも、少なからずこの寄付が原動力だったと思う。

見返りを求めない寄付が、見えない力になって俺を後押ししてくれたんだ。

これはやってみなきゃ理解できない。

継続してこそ投資。継続してこそ寄付。

投資はもちろん、寄付もずっと続けているよ。

月に1万円を寄付に使うと決めているからね。

取引先の業者にお菓子の差し入れをしていたら、半年後に契約になって返ってきた。

両親に硝子切子のグラスをプレゼントしたら、倍の値段の靴を貰った。

これまで無意味な慣習と思っていた、お中元お歳暮を、寄付のいい機会だと捉えるようになった。

寄付に慣れてくると、何を贈ろうかと考えることが楽しくなってくる。

見返りを期待してないから、費用対効果とか悩まずに、単純に相手が喜びそうなものを選ぶようになる。それが楽しい。

お金の使い方が上手くなる。

楽しいだけでなく、相手が喜ぶものを考えることで、お金の使い方が上手になる。

実はこれも、寄付をやることの大きなメリットなんだ。

同じ金額を使うにしても、上手と下手がある。

お中元お歳暮がそうだね。慣習に流されてとりあえず妥当な予算で選ぶだけじゃ事務的。

相手のことを考えて選ぶからこそ、喜ばれる。

喜ばれるお金の使い方を身につければ、それだけで自分のスキルに、評価になる。

寄付でも資金管理。

月1万円の寄付。実はルール通りやれてない。

こないだ、今年はいくら寄付したかと振り返ってみたら、まだ11月なのに既に12万円を超えていた。

予算オーバーである。

やりすぎもよくない。

ルールを守ることが投資成功への道。寄付も同じ様に考えてみる。

計画通りでない支出は、別のところにしわ寄せが来ているはず。

来年は、寄付も予定通りの額で着地させたい。

おまけ。

ペンスタンド、もう1個買って会社に寄付してる。

バランスがいいから中々回転が止まらない。くるくるキラキラきれいだよ。


ゼロ精工 ZERO 溜息3秒 卓上ボールペン クロム色 ZE205CR


ゼロ精工 ZERO 卓上ボールペン クロム色 ZE207CR

質問や感想、雑談など待ってます

*
*
* (公開されません)

Return Top